家づくりの足あと

柳里の家(母屋離れ 独立子世帯)

柳里の家(母屋離れ 独立子世帯)

お子さんに背中を押され、家づくりを決めたYさん。
「まだまだ家づくりを続けていたい!」と思うほど楽しんだ
家づくりのお話をたっぷり教えていただきました。

【家づくりが始まるまでの足取り】
もともと「いつか」という想いはありましたが、具体的になったのは子どもの成長がきっかけです。日々成長していく我が子をみながら、このかけがえのない時間を過ごし、思い出を紡ぐ「場所」を残したいと思うようになりました。子どもたちが成長して巣立ちいつか家に帰ったとき、懐かしい思い出がよみがえば・・・・と。
あとはタイミングが問題でした。幼稚園の友達と一緒に入学するのを楽しみにしている長男を思うと、いつ実家の牟礼に引っ越すべきか、本当に悩みました。
そんな私たちの背中を押してくれたのは、実は長男。園の先生や友達に、「ボクは牟礼の小学校にいくよ」と話していたのです。子どもながら、親の気持ちを察していたんでしょうね。
それで一気に家づくりが本格化しました。


【誠設計との出会い】
具体的に考えるようになった頃、一冊の住宅雑誌を買いました。そこで目にしたのが誠設計のページ。そこに掲載されていた篠ノ井のLLBのお宅の外観・雰囲気に惹きつけられ、心を奪われました。
「こんな家がほしい!!」
普段意見の合わない夫婦(笑)がぴったりそろって意見が揃う、運命的な瞬間でした。
実際に家を建てることが具体的になってきたころ、役場に勤める従兄に話しをしたところ「誠設計なら、公共の施設もやっているからよく知っているよ」と紹介され、誠設計との縁がはじまりました。


【設計の時間】
設計の始まりは、所長と設計担当の方、私たち家族皆でおこなう「インタビュー」から。
うちは、すぐ隣に母屋・まわりはりんご畑というロケーションだったので、最初は景色を活かそうと2階リビングが提案されました。日当たりも気にならず、絶景を独り占めできる名案でしたが、将来のことを考え、1階にリビングのある現在のプランになりました。
設計の期間、驚かされたのは、何か投げかけると想像以上の答えになって戻ってくること。その"答え"に夫婦揃って納得・感心していました。普段、夫婦の間ではなかなかひとつの答えにまとまりにくいのですが、この家づくりについては面白いように2人の想いが合いました。スルスルと、自然にこのプランにたどりついたように思います。


【いざ、着工】
施工は、誠設計グループのLLB。監理は誠設計がひきつづき行ってくれました。
施工中を振り返ると「とにかく楽しかった!」の一言。職人さんや現場に通ってきてくれる人たちが皆いい人で、私たち夫婦だけでなく、両親や親戚、近所の人たち皆で仲良くなり、工事を見守っていました。
感動したのが上棟後、我が家に囲われたブルーシート。
家をぴったり包むようにシートが覆われ、雨で濡れないように・材木が傷まないようにという配慮には感激しました。いつのまにかその光景があたり前になって、柱があらわになっている他の工事を見かけると、なんだかかわいそうに思うような、そんな感覚になりました。
工事中は、出勤前に建築中の我が家を一回りするのが夫の日課。こんなに進んだのか!と感激して仕事に向かいました。仕事から帰るときも、"帰るコール"がてら「今日はどんな人が現場に来た?」と妻に確認。「今日は大工さんと電気屋さんが来たよ」「今日はそんなに人の出入りがなかったよ」と妻。たくさんの職人さんが来てくれたという日は、すご く進んだろうなと期待が膨らみ、あまり来なかったという日は、ちょっとがっかりしたり・・・(笑)。
この4ヶ月、毎日ワクワクしながら"帰るコール"をしていました。
楽しくて楽しくて仕方ない・・・そんな施工期でした。


【これから】
正直、嬉しい気持ち半分・寂しい気持ち半分。まだまだずーっと打合せをしながら家づくりを続けていたいぐらい。不思議な感覚かもしれませんが、養生シートが外され、折り畳まれたSEI-styleの養生シートを見たとき、寂しくて涙が出そうでした。こんなに楽しい家づくりがもうじき終わってしまう・・・と。本当にいい時間だったと思います。
これからこの家で家族4人の暮らしが始まります。当初、妻が願っていたように、「思い出を紡ぐかけがえのない場所」として、大切に、楽しく暮らしていきたいと思います。