家づくりの足あと

北尾張部の家(誠の家)

北尾張部の家(誠の家)

「お金をとるか、質をとるか」
家づくりを決めたご夫婦が悩んでいらした課題を解決し、
前に進む後押しをしたのが「コンセプトハウス誠の家」の存在だったそう。

【家づくりが始まるまでの足取り】

結婚したときから家を建てようと思っていました。
将来を考え、どちらかの親元に近いところで・・・とアパートを借り、その近隣に土地を探すように。なかなか土地が見つからないでいましたが、両親の協力もあってようやくこの土地に出会い、いよいよ本格始動。色々なメーカーの見学会に出かけるようになりました。
検討のさなか、いちばん悩んだのがお金と質のバランス。家のローンに全てをつぎ込み、他に人生を楽しむ余裕がないのも困る。とはいえ納得できない質の家に暮らすのも嫌。お金をとるか、質をとるか、そんな選択に悩みながら検討を重ねていました。




【誠設計との出会い】

職場の先輩が誠設計で家を建てたと聞いて興味をもち、すまい教室や見学会に足を運ぶようになりました。
あるとき他社で提案されたプランを所長さんに見てもらったところ、「自分だったら、こうは設計しない。」と一言。厳しいなと思いましたが、「奥さんはキッチンに立って何を見る?家族の動きは?暮らし方は?家族の安全は?」という所長さんの具体的なものの見方に目が覚めるような思いがしました。これまで、間取りとキレイな家か?という視点だけで見ていましたが、「そうだ、家は家族が暮らすところなんだ・・・」と。プランを見て即座にこうした言葉がでてくることに、奥の深さやプロの力がひしひしと伝わってきました。その後しばらく他社も検討しましたが、やはりお金も大事、でも質も大事という結論から、誠設計に依頼することに。誠設計との家づくりが始まりました。


【小布施・森の家ギャラリーを訪ねて】

あるとき、小布施の森の家ギャラリーを訪ねました。外観もとても素敵でしたが、家に入るとその静けさに圧巻。近所の犬の鳴き声がずいぶん遠くに聞こえるほど!外界とまったく区別された空間が拡がっていました。
オーナーさんは、家をつくる私たちの目線で色々な話をしてくださいました。時間が過ぎるのを忘れて肩の力を抜き、じっくりといいお話しができ、とてもありがたかったです。


【誠の家】

当初SEI-styleで検討していた私たち。幾方向にも拡がる可能性に行き詰まっていた頃、「これからこういう家づくりが始まる」と紹介されたのが「誠の家」でした。みると、動線や空間の構成も理にかなっていて言うことがないぐらい。何よりこの価格でSEI-styleの質感や機能を実現できることに強く惹かれ、急遽進路変更。「イメージが近いですよ」と案内されたお宅を見学してさらに納得。家を建てたあと返済ばかりに追われるのでなく、他も充実した自分たちらしい暮らしができる、自分たちの身の丈に合った「誠の家」に決めました。


【設計そして施工】

footmark_kitaowaribe_02.jpg「誠の家」は、理にかなった設計ができているのであとは気に入るかどうかだけ。基本的な家のつくりやコンセプトに共感していたので、自分たちが必要と思うものだけをお願いすればいいのでとてもやりやすかったです。
施工が始まると、毎日のように現場に通いました。猛暑のなか、汗を吹き出しながら作業をする棟梁に感謝しながら、刻々と変化する我が家を見にいっていました 正直なところ、建て方を終えても「やっぱり小さかったかな・・・」と不安に思うこともあったのですが、いよいよ仕上げ段階に入った我が家を見てびっくり!空間の拡がりがでてきたのです。今こうして椅子に座って眺めてみると、奥行きやゆとりすら感じるので不思議です。


【これから】

本を読む妻の横で愛娘が遊び、ゴルフ雑誌を読みふける夫・・・。思い思いに過ごしながらも家族の存在を感じられるのがこの家。リビングで皆それぞれの物を持ち寄ってワイワイ言いながら過ごしている様子が目に浮かびます。
既に庭ができているので、今はどこにどんな花鉢を置くとさらにこの家が良くなるか、そんなことを考えています。時間、お金、労力・・・、色々な面で「家でいっぱいいっぱい」にならず、余裕ができた分ゆとりをもって自分たちらしく楽しんでいきたいと思います。


この足あとの「事例」写真を見る