家づくりの足あと

福井団地の家(シニア世代の誠の家)

福井団地の家(シニア世代の誠の家)

「引退したら、こう暮らしたい」
シニア世代を迎えるご夫妻が想い描いた終の棲家での暮らしを叶える住まいに辿り着くまでのお話。
(2011.10)

【家づくりが始まるまでの足取り】

私たちは結婚してからずっと転勤族。長い間アパートで暮らしていました。
定年を迎えもうこれで引っ越しすることもない、と妻の実家のある信州に家を建てることにしました。とはいえ、見るもの・聞くもの、新しい情報が入る度にあれこれ目移り。自分たちはどんな家が好きなのかがわからない時期が長くあり、数年の月日が流れていきました。


【誠の家を知る】

誠設計の見学会にはずいぶん前から通っていました。ハウスメーカーのように「見せる家(展示場)」と「実際の家」とのギャップがなく、そのものズバリを見られる安心感がありました。「誠の家」との出会いは昨年の秋。長野市の尾張部で開催された見学会でのこと。正面(南側)からみたときの雰囲気、木塀に囲われた玄関までのアプローチ・・・。とても素敵でした。特にアプローチは、「自分の世界に入っていく」という感じがして、とても惹かれました。ガルバリウムと木の掛け合わせ方が絶妙で、自分もこうしたい!と強く思いました。 また建物自体の大きさや使い勝手がちょうどよく、自分たちの想像する家に重なるなぁと思うように。


【設計の時間】

いざ誠設計に依頼をきめたものの、誠の家にするかスウェーデンのデザインにするか決めかね、設計の始まる頃はまだまだ悩みの最中にいました。見れば見るほどどれも良く見えましたが、自分たちの思う家と予算のイメージがつかみやすい「誠の家」をベースにすることに決定。計画が始まりました。
規格化されているとはいえ、まずは私たちの描く暮らしを伝えるところからスタート。私たちの希望は、「デッキでコーヒーを飲みながら新聞を読みたい」「リビングと繋がる部屋が欲しい」ということ。他にも、見学会でみた色々なお宅の素敵な事例を思い浮かべながら想いを伝えると、所長の手の中でスルスルと我が家なりの「誠の家」ができていきました。


【施工の時間】

正直、地鎮祭で地面に張られた地縄をみたときは「こんなに小さいのか・・・。2、3歩歩けばすぐだなぁ」と思いました(笑)が、基礎・建て方・・・と工事が進むに連れ、我が家はぐんぐん成長。2週に1度のペースで現場に足を運びじっくり見学していましたが、来る度に大きく成長して見え、どんどん良くなっていくのを実感しました。なかでも一番感動したのが 玄関付近のデッキ。図面でみて知ってはいたのですが、できあがったデッキを見たときの感激といったら!尾張部の「誠の家」でみた、ガルバリウム×木の良さがばっちり出ていて、尾張部の家とはまた違う「自分の世界に入っていく」感があり、とても嬉しかったです。


【家づくりを終えて】

「誠の家」は、実際に建っている家があり、どんな家になるのかわかるのが魅力。ところが不思議なことに、どの「誠の家」も全く同じということはなく、その家族や土地に合わせて少し変化しています。正直、それに気づくまでは、「誠の家の見学会は行かないようにしよう。自分たちの家が完成したときの感激が半減してしまいそうだから・・・」と思っていたのですが、今こうして完成し家具の置かれた我が家をみるとよく知っている誠の家であり初めての誠の家であり。自分たちの思いのこもった特別な家になったことに驚いています。
また、家づくりは当初予算からどんどん上がってしまうということをよく聞きますが、誠設計さんは最初に行った資金計画にきっちり合わせようと考えてくれました。上をみればキリがない。お金のことを一緒になって大切に考えてもらえたのは嬉しかったです。


【これから】

念願の「デッキでコーヒーを飲みながら新聞を読む」という暮らしが始まります。さらには初の庭いじりも。大変そうで楽しそうで(笑)。すでにガーデニングにはまりそうな予感。これからは、家で過ごす時間が長くなりそうですが、そういう時間をゆっくり楽しんでいきたいと思います。

この足あとの「事例」写真を見る